学 術 集 会
名 称  テーマ 開催年 会 長 開催地
日本臨床環境医学会学術集会
第30回 医工学から室内環境を紐解く 2022 柳 宇 東京
第29回 人と感興のネクサス 2021 関根 嘉香 平塚
会長賞・奨励賞の結果(2021.9/07)
2020年はCOVID-19の影響で約一年の延期を決定しました(2020.4/02)
第28回 臨床環境医学の過去・現在・未来 2019 角田 正史 東京
第27回 トータルヘルス社会の実現に向けて 2018 今井 奈妙 三重
第26回 環境の健康への影響とより良い環境づくり 2017 木村  穣 東京
第25回 新たな環境汚染と臨床環境 2016 野ア 淳夫 郡山
第24回 豊かな生活環境を目指して 2015 鈴木 幸男 東京
第23回 地球から分子まで、環境と健康を科学する 2014 高野 裕久 京都
第22回 環境とコミュニケートする 2013 佐藤  勉 東京
第21回 今だからこそ大切にしよう、快適環境と健康づくり 2012 鈴木 達夫 南魚沼
第20回 研究を社会に生かす 2011 森  千里
第19回 「患者」から環境が「見える」 2010 坂部  貢 東京
第18回 創造−笑顔の未来へ 2009 大槻 剛巳 岡山
第17回 環境と疾患の関わりを考える 2008 高後  裕 旭川
日本臨床環境医学会総会
第16回 人と環境の関わりを考える 2007 木村  穣 東京
第15回 都市・建築工学と臨床環境医学のホライズン 2006 吉野  博 仙台
第14回 予防原則を考える 2005 石竹 達也 久留米
第13回 子どもと環境 2004 吉田 貴彦 旭川
第12回 室内空気質と健康 2003 土本 寛二 東京
第11回 シックハウス症候群/障害者と環境 2002 眞野 行生 札幌
第10回 環境医学における感染症 2001 飯塚  一 旭川
第9回 慢性疾患と環境 2000 相澤 好治 東京
第8回 環境と生体系 1999 高須 俊明 東京
第7回 環境と医療 1998 石川 睦男 旭川
第6回 食餌や微生物など環境因子と最近話題の消化器疾患
室内環境汚染による健康影響と対策
1997 黒河 輝久 東京
第5回 活性酸素の基礎と臨床/寒さとクオリティ・オブライフ 1996 吉田 晃敏 旭川
第4回 睡眠と環境 1995 瀬川 昌也 東京
第3回 神経疾患と環境要因/温熱環境と生体反応 1994 阿岸 祐幸 札幌
第2回 環境医学と神経系疾患 1993 田邊  等 東京
第1回日本臨床環境医学会国際会議 新しい環境問題について 1992 清水 哲也 旭川